読書の秋に読んだ本 その2

本を読めと言われていた学生のときはほとんど読まなかったのに社会にこき使われて時間がなくなってからよく本を読んでいる謎

その1

sasassasadango.hatenablog.com

3冊目

THE MODEL マーケティングインサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

マーケでも営業でもないへっぽこエンジニアだが読んで良かった.
新しいフレームワークを学んでいるときのような感覚がした.

分業体制のメリットは、最終的な売上だけを見るのではなく、 各プロセスを担う部門のパフォーマンスを評価する中間指標を設定し、どこがボトルネックなのかを把握し、すぐに対策が打てる

分業と聞くと,縦割りで社内が分断されて...みたいに考えがちだったが,感情を廃して考えてみるとメリットは強力だと気がついた.

しかし,インサイドセールスやカスタマーサクセス部門を作るだけでは駄目で,まだ顧客が気づいていない課題に気づかせてあげることへとつながるマネジメントが不可欠なのだ.このマネジメントとは,部門と部門をつなぎ目で起きていることに目を凝らして,メンバーに会社としての優先順位を明確に伝え,評価においては継続的なコミュニケーションが必要になる. つまり,マネジメントは「管理する」という発想ではなく,自ら「現場で何が起こっているかを理解する」というマインドが求められる.

現場の担当者目線での指標をもとに経営層に説明しようとするからだろう。担当者はクリック率や施策のコンバージョンなどについて、こう数値が改善した、このような効果が出たと説明しがちだ。しかし、経営陣からすれば、それらがどう売上につながるのかがわからない。

部門やそこに属するメンバーに合わせたマネジメントによって,上記のような溝が埋まっていくのではないかと考えた.

最後になるが,あれば便利だが,なくても業務が回る領域のサービスを開発して販売している会社で働いている身としては,本で紹介されているようなモデルを参考に取り組んでもらいたいし協力したいと思わせてくれる良い本だった.(前職では営業とカスタマーサクセスは敵だと思っていた人の発言)

併せて読みたい本:ザ・ゴール

4冊目

リフレクション(REFLECTION) 自分とチームの成長を加速させる内省の技術

2021/11/16現在 プライム会員なら無料で読めるのでぜひ読んでもらいたい一冊.

リフレクションの目的は、あらゆる経験から学び、未来に活かすことです。どのような経験にも、たくさんの「叡智」が詰まっています.

宗教っぽい出だしだけど,中身は本物.

リフレクションには「認知の4点セットが必要」
認知していることを認知するメタ認知力を高めることを目的とし,事実や経験に対する自分の 判断や意見を、「意見」「経験」「感情」「価値観」に切り分けて可視化するもの

例)一つ上のステージに進みたい時
これまでの結果を出せた理由を説明し、自分が経験を通して得たノウハウや知恵を他人に伝授することが不可欠.そのためには,過去の成功体験を手放す必要がある.

ここで,成功体験を手放すには,過去の成功体験からどのようなものの見方や価値基準が形成され,そのうちどれを手放す必要があるのかを認知し,自分が何を知覚してどのような判断をしたのか(意見)、その背景にはどのような経験や感情、価値観が存在しているのかを知ることで、初めて、自分のリフレクションを俯瞰することが可能になる.

ただし,リフレクションの難しいところとして,「人間は、自分の見たいものを見たいようにしか見ない」といった自己の認識依存があることを忘れてはいけない.
「こうすれば、うまくいくはずだ」と思っている自分の存在や,自分の行動を変えないほうが望ましい正当な理由があるなど.(こういうときにはアンラーン.行き詰まったらアンラーン)

以下メモ

  • ビジョンと現状のギャップを埋めようとする内発的動機クリエイティブテンション

  • 創造的な仕事は、「ねばならない」ではなく、「〇〇を実現したい」という「Want」が前提

  • 反対意見に遭遇したら、 あなたの意見に反対している訳ではなく、その人は意見の背景にある大切な価値観を守っているだけ

  • 合意形成をするときには、意見の違いに焦点を当てるのではなく、 その意見の背景にある経験と価値観に注目

  • 多様性を包摂するときには、「自分も多様性の一部、相手も多様性の一部」と捉える

ちゃんとおわりにまで読んで良かった.

次に読む本

学習する組織 ― システム思考で未来を創造する

読書の秋に読んだ本

読後の喪失感.底知れぬ不安が襲ってくる秋が嫌い.

1冊目

それをお金で買いますか 至上主義の限界

お金の力が及ぶべきではない場所,市場が侵入すべきではない場所があること.
罰金は道徳的な批判の意味合いを含み料金は道徳的な判断を含まないが,時として人は罰金を料金のように扱うこと.

値段が付いて売買されているすべてのものについて考えさせられる本だった.

市場や商業は触れた善の性質を変えてしまうことをひとたび理解すれば、われわれは、市場がふさわしい場所はどこで、ふさわしくない場所はどこかを問わざるをえない。

身近な生活への影響が容易に想像できるから怖い.

2冊目

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

以下,7つの習慣

  1. 主体的である
  2. 終わりを思い描くことから始める
  3. 最優先事項を優先する
  4. Win-Winを考える
  5. まず理解に徹し、そして理解される
  6. シナジーを創り出す
  7. 刃を研ぐ

1から3までが私的成功,4から6までが外的成功,7が再新再生
7つの習慣はどれも出来れば良いに決まっている内容だが,高めるのは難しそう.
自分は第5の習慣ができていないと感じた.「相手を理解する≒わかりあえないものと思い諦める」といった考え方をしているフシがあると思った.

刺激と反応の間には選択の自由がある

キレそうになったら思い出そう.

「ワークマンはなぜ2倍売れたのか」を読んだ

近年イケイケなワークマンの本は,土屋哲雄氏の本だった.

「誰からも仕事を引き継がなかったし、引き継ぎ書も書かなかった。まあ、三井物産というのは本当にいい会社で、当時はマニュアルに書いてある仕事はやらなくてもよかった。だから、属人的な仕事しかしないと宣言して、自由にやらせてもらった」

個人的に引き継ぎ書は書けよ!とは思ったが,読み進めるにあたり,全く逆のことをしているのではないかと感じるほどのワークマンでの仕事. 特に,ワンタッチ発注すごすぎる.自分の中で店長および店舗スタッフの仕事の概念が変わった.

計画ではなく、ビジョンを名乗ったのは、明確な理由がある。「計画には期限があるので、だいたい守られない。ところが、ビジョンには期限がないから、必ずやる。言い続ける限り達成できる」

なるほど,これがビジョンの正しい使い方

データ経営推進ということで,賃上げという「アメ」でモチベーションを上げ、その代わりに「ムチ」としてデータ分析を学ぼうと呼びかけ.人によってはアメとアメ

日本企業は「個人の頑張り」に頼った経営が多い。そうではなく、会社全体として「勝てる仕組み」を作ることが重要だと土屋氏は考えた。

禿同

ワークマンに行ってみたくなった.シューズほしい

また大学生が読みそうな本を読みました

Kindleで読んでいると物理本も良いなと思う.中途半端に読んで投げておけるのが良い.
そもそも,コロナで外出が減って移動時間で本を読む機会がほとんどなくなったので電子の利便性を活用できていない.

ところで,今回読んだ「20歳のときに知っておきたかったこと」を買ったのは2020年7月5日だった.読みたいと思って買ったのに放置しすぎた感は否めない.2015年からレコーダーにて熟成されている映画に比べたら早く消化できたのでよしとしよう.

この大学生が読みそうな本は,スタンフォード大学集中講義シリーズで「未来を発明するためにいまできること」(未読)と抱き合わせセールにて買ったものだ.
以前も同じようなタイトルのものを読んだ気がする

「人生は20代で決まる」を読んだ - 暴力反対日記

同じジャンルの本を2冊も読むなんて時間がもったいないと思ったが,「思考の整理学」で学んだ積読理論(同じジャンルの本をある程度積んでから読み込むやり方で,特定分野で重要で多くの本で取り上げられている知識をつけることが出来るという理論)を思い出して自己正当化した.

本の内容は,キャリアの他に意思決定やリスクのとり方について(技術的な話ではなくマインド)と,著者が自分の息子に知っておいてほしいことが書いてあった.

母は一〇歳のわたしに、お礼状の書き方と、お礼状を書くことがいかに大切かを教えてくれたの

お礼状の話はとてもよかった,最も大事なことは日常の当たり前なことにあっておざなりにしてはいけない.感謝感激雨嵐

memo
・判断に迷ったら,将来その時のことをどう話したいか考える
・自分に許可を与える

「思考の整理学」を読んだ

はじめに

東大・京大で一番読まれたと帯に書かれていた本を読破.

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

これで実質東京大生.

感想

飛行機人材として頑張るぞと思った.燃費は非常に悪いけど...

ブレストで忘れてはならない事

とても、実現の望みのないような案もあらわれるであろうが、ブレイン・ストーミングの〝ルール〟では、どんな奇妙な考えでも、それをほかのものが、そんなつまらない、とか、非現実的な、とかいって水をさしてはならないことになっている。

アイディアが批判によって消えて(消して)しまわぬように.

積読についての箇所は考え方が新鮮で面白かった.積読を肯定されたので,気兼ねなく積んでいくことにする. 積読棚欲しい

半日で読めるようなボリュームなので,もっと早くに時間を作って読めばよかったと思った.買ってから半年立ってたよ

「NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX」を読んだ

はじめに

みんな大好きネットフリックスの無法地帯本を読みました.

結論:自由を続けるには相応の努力が必要でした.

感想

最近ネットフリックスで動画をほとんど見なくなっていたが,この本は読んで良かった.

ネットフリックス社員ではない自分でも,その裏付けや歴史を含めてネットフリックスの文化を知れて良かったと思う.

コンテキストとコントロール.個人的に最近良く聞く言葉.
ネットフリックス的なやり方が適している場合とそうでない場合,歴史的な背景も含めてなるほど理解.

あと,日本におけるフィードバック文化について述べてる箇所なんかは日本の文化的な特徴をよく捉えているなと思った.カルチャーマップが面白いのでぜひ見てほしい.
なんとなく分かっていることが言語化されていると,読んだ後の理解が一気に進んで気持ちよかった.

組織開発,無限に可能性(やりよう)がありそうで楽しみな分野.

「フェルマーの最終定理」を読んだ

はじめに

ガクセイなので初心にかえりサイエンスブックの名作
サイモン・シンフェルマーの最終定理を読んだ

高校生の時に読んでおきたかった!!!!

数学が出来ないくせに大学で情報工学を学んでいたが,講義は理系教養科目を除けば応用的な内容(コンピュータサイエンスを体系的に学ぶカリキュラム)が多く,どちらかといえばパソコンカタカタしている時間がほとんどだった.

この本読んでもっと数学に真剣に向き合っていれば良かったなと思った.これからやるけど

感想

去年末に購入し,隙間時間で少しずつ読み進めて一ヶ月半で読み終えた.
処理能力が低いくせにマルチタスクやりがちな自分にしては中々速いペース
純粋に内容が面白かったのが大きい.サイモン・シンの筆力

本書は,アンドリュー・ワイルズによる「フェルマーの最終定理」の詳しい証明内容が説明されているわけではなかった.数学ができない自分でも内容理解に支障はなく,数学の歴史を踏まえて完全証明に至るまでの物語を楽しめた.

しかも,意外だったのは最終定理の証明に関係する日本人が複数出てくること.
ワイルズも存命だし,こんな天才と同じ時を生きているなんて凄い!という気持ちになった.

なるほどな話

紀元前300年頃,アレクサンドリアに世界で初めて設立された図書館ができた時代
そこの数学部門の責任者はかのエウクレイデス(ユークリッド

あるとき1人の生徒が,「今教えていただいた数学はどんなことに使えるのですか」とエウクレイデスに質問した. 授業が終わるとエウクレイデスは従者に向き直ってこう言った. 「あの少年に小銭を与えなさい.彼は学んだことから利を得たいようだからね」 そしてその生徒は放校となった.

笑えない.自分が知らないことや理解できないに対してはよく言ってしまう言葉かもしれない.これは数論の流れで出てくる話題であり,エウクレイデスの「原論」に触れ帰謬法へとつながるので面白い.

学ぶにふさわしくないものが小銭を握らされ追い出される時代
今ではカネを払っているんだから何をしても良いなんて思ってはいけない(自戒)